< 一覧に戻る

錦糸町駅(東京都)

駅名

錦糸町駅(きんしちょうえき)

乗り入れ路線

JR東日本:横須賀・総武快速線、中央・総武線各駅停車
東京メトロ:半蔵門線

駅詳細

錦糸町駅 南口側
錦糸町駅 南口側

東京都墨田区にある駅で、JR総武線(横須賀・総武快速線と中央・総武線各駅停車)、東京メトロ半蔵門線が乗り入れている。

総武線の快速線と緩行線の線路別複々線の区間内[※1]にあり、東京方面の総武快速線と御茶ノ水方面の総武線各駅停車の分岐駅となっている。

※1:隣の両国駅の団体・臨時用ホームが総武快速線の千葉方面と接続しているが、総武快速線の定期列車が発着する駅としては、錦糸町駅が複々線区間の最西端駅となる。

JRは、島式ホーム2面4線の高架駅であり、1・2番線が緩行線(各駅停車)専用、3・4番線が快速線専用のホームとなっている。前述の通り、快速線と各駅停車の分岐駅であり、快速・各駅の相互の乗り換え客が多い。方向別配線の御茶ノ水駅のように(中央線)快速・各駅の対面乗り換えの構造ではないため、相互の乗り換えには階段・エスカレーターまたはエレベーター利用によるホーム間の移動を要する。

特急列車は快速線ホームから発着し、成田エクスプレスを除く全ての列車が停車する。特急あずさ・富士回遊、土日休日運行の新宿さざなみ・わかしおは、当駅より両国駅寄りで快速線から緩行線の線路に転線し、新宿方面に乗り入れている。

JR ホーム
JR ホーム
JR 駅名標(総武線各駅停車)
JR 駅名標(総武線各駅停車)

東京メトロ半蔵門線は、島式ホーム1面2線の地下駅。押上方面の列車は東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)または東武日光線に乗り入れ(半数以上は押上止まり)、渋谷方面の列車は平日の最終時間帯を除く全列車が東急田園都市線に乗り入れている。半蔵門線の当駅を含む押上〜水天宮前間は、営団地下鉄時代の2003年3月に開業した区間であり、営団地下鉄としては最後の新規開業区間である。(翌年の2004年4月に営団地下鉄から東京メトロに承継)

JR改札は北口と南口にそれぞれは設置されており、南口は駅ビル「テルミナ」に直結している。また、駅周辺は繁華街となっており、南口には丸井やPARCO、北口にはアルカキット錦糸町といったショッピングモールが立ち並んでいる。

JR 南口改札
JR 南口改札
東京メトロ 改札口

(錦糸町駅訪問日:2022年5月)