< 一覧に戻る

青森駅(青森県)

駅名

青森駅(あおもりえき)

乗り入れ路線

JR東日本:奥羽本線、津軽線
青い森鉄道:青い森鉄道線

駅概要

青森県青森市にある市の中心駅。JRの2路線(奥羽本線、津軽線)と青い森鉄道線が乗り入れており、「北海道との連絡口としての役割から、三内丸山遺跡や世界遺産白神山地への玄関口とその機能は変貌を遂げる駅」として、東北の駅百選に選定されている。

かつては、北海道と本州をつなぐ「青函トンネル」を経由する津軽海峡線の特急列車および夜行列車の停車駅であり「北海道との連絡口」としてその役割を果たしていたが、2016年の北海道新幹線開業に伴い、その役割は隣駅の新青森駅へ渡ることとなった。

多くの特急列車や夜行列車が行き交う青森駅であったが、現在は当駅を発着する定期特急列車は当駅と秋田駅を結ぶ特急「つがる」のみである。

東北本線の終点(起点は東京駅)でもあったが、盛岡駅以北の東北本線区間がいわて銀河鉄道線および青い森鉄道線に移管されたことに伴い、現在の東北本線の終点は盛岡駅になっている。

(青森駅訪問日:2017年9月)

Sponsored Link
Sponsored Link