< 一覧に戻る

土合駅(群馬県)

駅名

土合駅(どあいえき)

乗り入れ路線

JR東日本:上越線

駅概要

群馬県利根郡みなかみ町にある群馬県の最北端に位置するJR上越線の駅。「日本一のモグラ駅」といわれる秘境駅であり、「関東の駅百選」にも認定されている駅である。

土合駅の特徴として、上り線ホーム(水上方面)が地上に、下り線ホーム(越後湯沢方面)が地下に存在しており、上下線のホームの高低差は81メートルにも及ぶ。

エスカレーターは設置されておらず、下り線ホームがある地下と、駅舎と上り線ホームがある地上の間の行き来は徒歩であり、その道のりは長い。地下から地上へは、462段もある長い階段を昇り、143メートルの連絡通路、更に24段の階段を昇る必要がある。

*地上と地下をつなぐ薄暗い連絡通路と長い階段・・・それはまるでダンジョンの出入り口のよう。当方が初めて訪れた時は、ワクワクが止まりませんでした(笑)

(土合駅訪問日:2016年9月)

Sponsored Link
Sponsored Link