福島県の会津・喜多方の1泊2日の旅。

往路は東武日光線・鬼怒川線、野岩鉄道会津鬼怒川線、会津鉄道会津線を経由し、会津若松へ。その後、磐越西線で喜多方に立ち寄った後、郡山へ向かい、東北新幹線で帰路に就くルートである。

 

東武特急スペーシア、快速AIZUマウントエクスプレスで会津若松へ

初日の出発は東武鉄道の浅草駅。

東武鉄道浅草駅
東武鉄道浅草駅

東武特急スペーシア「きぬ」で鬼怒川温泉駅を目指す。

特急スペーシア・鬼怒川温泉行き
特急スペーシア・鬼怒川温泉行き

浅草駅から2時間程で、鬼怒川温泉駅に到着。

鬼怒川温泉駅に到着した特急スペーシア
鬼怒川温泉駅に到着した特急スペーシア

鬼怒川温泉駅から「快速AIZUマウントエクスプレス」に乗車。列車は2両編成の自由席。終点の会津若松を目指す。

快速AIZUマウントエクスプレス・会津若松行き
快速AIZUマウントエクスプレス・会津若松行き

東武鬼怒川線を走る「快速AIZUマウントエクスプレス」は、途中の新藤原駅から野岩鉄道会津鬼怒川線に乗り入れ、会津高原尾瀬口駅からは会津鉄道会津線に乗り入れる。

会津高原尾瀬口駅 駅名標

会津鉄道と野岩鉄道の分界駅である会津高原尾瀬口駅は、浅草・鬼怒川温泉方面から見た最初の福島県の駅である。

会津高原尾瀬口駅ホーム
会津高原尾瀬口駅ホーム

会津田島駅に到着。駅のホームで駅員さんから、コンビニに事前に購入した引換券と引き換えに「会津ぐるっとカード」を受け取る。

「会津ぐるっとカード」は、会津エリアの列車やバスが2日間乗り放題になるフリーパスであり。また、カードを提示することで、観光・宿泊施設や飲食店などの割引優待サービスが受けることができる。

会津田島駅ホーム
会津田島駅ホーム

大半の列車はこの会津田島駅で折り返されるが、快速AIZUマウントエクスプレスには引き続き乗車。

会津田島駅 駅名標
会津田島駅 駅名標

鬼怒川温泉駅から約2時間15分、終点の会津若松駅に到着。浅草駅からの所要時間は約4時間半の道のりであった。

会津若松駅に到着した快速AIZUマウントエクスプレス
会津若松駅に到着した快速AIZUマウントエクスプレス

 

会津若松到着〜飯盛山、東山温泉へ

会津若松駅は会津若松市の代表駅であり、磐越西線、只見線が乗り入れる。

会津若松駅 駅名標
会津若松駅 駅名標

駅のホームから見えるのは、只見線で運用されているキハ40系車両。「乗り鉄」の意欲が掻き立てられる(笑)

キハ40系車両
キハ40系車両

会津若松駅は駅舎側の単式ホーム1番線と2番線が頭端式ホームとなっており、当駅を跨いで運行される列車(磐越西線)はスイッチバックが行われる。

会津若松駅構内
会津若松駅構内

城の外観、おそらく鶴ヶ城をイメージした会津若松駅の駅舎。

会津若松駅 駅舎
会津若松駅 駅舎

駅前では赤べこがお出迎え。

会津若松駅から「まちなか周遊バス」で飯盛山へ。「まちなか周遊バス」は会津若松駅を起点に、主な観光スポットを周る循環バスである。西側から周る「ハイカラさん」、東側から周る「あかべぇ」の2つのルートがある。

会津若松駅の赤べこ
会津若松駅の赤べこ

最寄のバス停「飯盛山下」で下車。飯盛山は「白虎隊自刃の地」として知られる。

厳島神社は、永徳年間(1381年~1383年)に正宗寺の別当として建設され、明治の神仏分離令により「厳島神社」と改められた。主神は市杵島姫命。

飯盛山 厳島神社
飯盛山 厳島神社

戸の口堰洞穴は、飯盛山を掘り抜いて造られた洞穴である。白虎隊が鶴ヶ城の情勢を確認するため飯盛山に向かう際、この洞穴をくぐり抜けた。

飯盛山 戸の口堰洞穴
飯盛山 戸の口堰洞穴

さざえ堂は、江戸時代後期に建設された六角三層の観音堂。建物の内部は上りと下りの階段が一度も交差しない不思議な構造になっている。

飯盛山 さざえ堂
飯盛山 さざえ堂

白虎隊十九士の墓は、自刃した白虎隊の20名のうち、生き残った飯沼貞吉を除く19名が眠っている。

飯盛山 白虎隊十九士の墓
飯盛山 白虎隊十九士の墓

戸ノ口原の戦いで敗走してきた白虎隊は、ここから見える黒煙に包まれた鶴ヶ城を見て、「城は陥落したが、今は主君のために殉じよう」と自刃した。

飯盛山「白虎隊自刃の地」から鶴ヶ城方面を臨む
飯盛山「白虎隊自刃の地」から鶴ヶ城方面を臨む

白虎隊記念館には、白虎隊や新選組に関する史料などが収蔵されている。

飯盛山 白虎隊記念館
飯盛山 白虎隊記念館

飯盛山を後にし、まちなか周遊バスで、この日の宿泊地である東山温泉へ。東山温泉のバス停から徒歩数分の場所にある「よしのや」さんで、会津名物のソースカツ丼を頂く。白いご飯に乗せられた千切りキャベツとソースたっぷりのヒレカツが絶品である。

会津名物ソースカツ丼
会津名物ソースカツ丼

今夜の宿泊先は「会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝」。

とても綺麗な宿で、会津若松市街を見渡すことができる最上階の展望路露天風呂と、くつろぎ空間のライブラリーラウンジがおすすめ。ライブラリーラウンジは、ドリンク(コーヒー、紅茶等)がセルフサービスでおかわり自由!

会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝
会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝

次回:福島県、会津・喜多方の旅(2/2)

Sponsored Link
Sponsored Link