< 一覧に戻る

大阪駅(大阪府)

駅名

大阪駅(おおさかえき)

乗り入れ路線

JR西日本:東海道本線(JR京都線、JR神戸線)、大阪環状線、福知山線(JR宝塚線)、桜島線(JRゆめ咲線)、阪和線(関西空港線)

駅概要

大阪府大阪市にある駅で、近畿地方ならびに西日本を代表とするターミナル駅。1日平均乗員人数(2017年度のデータ)はJR西日本の駅では最多を誇る。

東海道本線(JR京都線、JR神戸線)、大阪環状線が乗り入れているほか、東海道本線(JR神戸線)を経由して福知山線(JR宝塚線)に直通する列車と、大阪環状線を経由して関西本線(大和路線)、桜島線(JRゆめ咲線)、阪和線(関西空港線)に直通する列車も当駅を発着する。また、東海道・山陽・九州新幹線の駅は当駅には設置されておらず、隣の新大阪駅をターミナル駅としている。

阪急電鉄、阪神電鉄、地下鉄(Osaka Metro) の「梅田駅」が当駅付近に位置しており、乗り換え駅として案内されている。(※本記事では梅田駅の詳細は割愛)

駅構造は、6面11線の高架駅。近畿地方ならびに西日本を代表とするターミナル駅だけあって、各方面へ向かう多くの列車が絶え間なく行き交う。数多くの特急列車が乗り入れており、定期列車としては「スーパーはくと」、「はまかぜ」、「こうのとり」 「びわこエクスプレス」 「サンダーバード」「(ワイドビュー)ひだ」「サンライズ出雲・瀬戸」が発着している。単式ホームである11番線は東京、北陸、東海方面へ向かう特急列車専用のホームであり、普通列車が使用することはない。

現在の駅舎は5代目であり、駅のプラットホーム全体が巨大なドーム屋根で覆われている。大阪ステーションシティ(駅構内を含む複合施設)と共に、2011年5月に開業した。

駅前(大阪駅、梅田駅周辺)から発着するバスの種類も非常に多い。一般路線バスを始め、全国各所へ向かう高速バス(深夜急行、特急バス含む)、伊丹空港・関西国際方面の空港リムジンバスなどが運行されている。

(大阪駅訪問日:2018年3月)

Sponsored Link
Sponsored Link