< 一覧に戻る

いわき駅(福島県)

駅名

いわき駅(いわきえき)

乗り入れ路線

JR東日本:常磐線、磐越東線

駅概要

福島県の浜通り南部に位置する「いわき市」の中心駅。JR常磐線と磐越東線が乗り入れており、両路線とも運行上の要となる駅である。開業当初の駅名は「平(たいら)駅」であったが、1994年に現在の「いわき駅」へと改称された。

駅構造は、橋上駅舎を有する島式ホーム3面6線の地上駅。常磐線は当駅で運行系統が分離されており、一部を除く普通列車の大半が当駅で折り返す。2011年に発生した東日本大震災以前は、上野駅〜仙台駅間で設定されていた特急「スーパーひたち」が当駅で連結・切り離しを行っていた。現在は、当駅以北で運行される常磐線の特急列車は設定されておらず、特急「ひたち」が当駅〜品川駅間で運行されている。★2020年3月のダイヤ改正にて常磐線が全線運転再開したことに伴い、仙台〜上野・品川発着の特急「ひたち」が9年ぶりに再開された(2020年3月記事更新)

磐越東線は当駅が起点となっており、当駅を発着する約半数は終点の郡山駅まで運行されているが、全体的に本数は少なく、4〜5時間程運行されない時間帯がある。

駅南口のバスターミナルからは、市内の路線バスのほか、仙台、東京、そして大阪方面へ向かう高速バス(夜行バス)が運行されている。

(いわき駅訪問日:2019年4月)

Sponsored Link
Sponsored Link