< 一覧に戻る

水戸駅(茨城県)

駅名

水戸駅(みとえき)

乗り入れ路線

JR東日本:常磐線、水郡線
鹿島臨海鉄道:大洗鹿島線

駅概要

茨城県の県庁所在地・水戸市にある同市および県内を代表する駅。JR常磐線、水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が乗り入れている。

駅ビルが併設された橋上駅舎を有する島式ホーム4面8線の地上駅。JRは1〜7番線、鹿島臨海鉄道は8番線を使用する。

常磐線は3〜7番線を使用。特急「ひたち」「ときわ」の全列車が停車する。当駅または隣の勝田駅で運行系統が分断されており、普通列車の大半が当駅または勝田駅で折り返し運転を行っている。水戸線に直通する一部列車も当駅を発着している。

水郡線は1〜2番線を使用し、当駅を起点としている。運行本数は毎時1〜2本程であり、当駅発着で郡山駅までを通しで運転される列車は1日5本設定されている。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線は8番線を使用。水郡線と同様に当駅を起点としている。全列車の大凡半数が鹿島神宮駅まで通しで運転されている。(路線上の終点は鹿島サッカースタジアム駅であり、鹿島サッカースタジアム駅〜鹿島神宮駅間はJR鹿島線に乗り入れている)

駅前からは、各所へ向かう一般路線バスのほか、茨城空港シャトルバスや、東京・宇都宮・仙台方面に向かう高速バスが運行されている。

(水戸駅訪問日:2019年4月)

Sponsored Link
Sponsored Link