< 一覧に戻る

新庄駅(山形県)

駅名

新庄駅(しんじょうえき)

乗り入れ路線

JR東日本:山形新幹線、奥羽本線(山形線)、陸羽東線、陸羽西線

駅概要

山形県北東部に位置する新庄市の駅。山形新幹線の終着駅であり、奥羽本線(山形線)、陸羽東線、陸羽西線が乗り入れている。

山形方面と秋田・酒田方面のホームが頭端式で向かい合うという特殊な構造であり、各乗り場への移動には階段を使わずに行き来することができる。山形方面と秋田方面は軌間が異なるため(山形方面は標準軌、秋田方面は狭軌)、同一車両での直通はできない。そのため、当駅を跨いて運行される列車は設定されていない。奥羽本線は、当駅より以南(山形方面)は愛称の「山形線」が使用されており、山形線の線路は、新幹線と在来線が共有している。

山形新幹線と山形線は、標準軌の1〜2番線を使用。1番線は主に山形新幹線で使用されるが、山形駅のように新幹線乗換専用の改札口は設置されていない。当駅を発車する新幹線は全て「つばさ号・東京行き」(観光列車の「とれいゆつばさ」を除く)であり、1〜2時間間隔で運行されている。

奥羽本線(秋田方面)と陸羽東線、陸羽西線は、狭軌の3〜5番線を使用。5番線は、2・4番線の東側に設置されている。陸羽東線と陸羽西線は路線としては、前者は当駅が終点(起点は小牛田駅)、後者は当駅が起点(終点は余目駅)である。

駅舎には最上広域交流センター「ゆめりあ」が併設されており、物産・特産品の展示販売、体験館、観光案内など、観光・交流拠点の施設として機能している。

駅前からは一般路線バスのほか、仙台方面への特急バス、東京方面への高速バスが発着している。

(新庄駅訪問日:2019年4月)

Sponsored Link
Sponsored Link