< 一覧に戻る

船橋駅(千葉県)

駅名

船橋駅(ふなばしえき)

乗り入れ路線

JR東日本:横須賀線・総武快速線、中央・総武線各駅停車
東武鉄道:野田線(東武アーバンパークライン)
京成電鉄:本線(京成船橋駅)

駅概要

千葉県船橋市にあるJR東日本と東武鉄道の駅で、日本の中核市で最も人口が多い船橋市の中心駅である。京成電鉄の京成船橋駅とは近接しており(南口側)、乗換駅となっている。

2018年度の1日平均乗車人員は、千葉県内のJR東日本管轄の駅では隣の西船橋駅に次ぐ第2位である。東武野田線(東武アーバンパークライン)の駅では柏駅、大宮駅に次いで多い。

JRは、島式ホーム2面4線の高架駅。快速線を走る横須賀線・総武快速線、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車し、快速線ホームには一部の特急列車(あずさ・しおさい・新宿わかしお・新宿さざなみ)、緩行線ホームには平日の朝夕ラッシュの時間帯のみ東京メトロ東西線へ直通する列車も発着する。

東武鉄道は、島式ホーム1面2線の高架駅。当駅が野田線(東武アーバンパークライン)の終点にあたる。JRとは改札は別であり、連絡改札は設置されていない。2016年3月には「急行」が新設され、起点駅である大宮駅(埼玉県)とは最短76分(休日の場合)で結んでいる。

京成電鉄の京成船橋駅は南口側(JR口)に近接しており、乗り換えが可能である。座席指定の有料列車(モーニングライナー・イブニングライナー)を含め、本線を通る全ての列車が停車する。

(船橋駅訪問日:2020年5月)

Sponsored Link
Sponsored Link