< 一覧に戻る

鳥取駅(鳥取県)

駅名

鳥取駅(とっとりえき)

乗り入れ路線

JR西日本:山陰本線、因美線

駅概要

鳥取県の県庁所在地である鳥取市の中心駅。JR山陰本線、因美線の他、若桜鉄道若桜線、智頭急行智頭線も因美線を経由して当駅まで乗り入れている。

島式ホーム2面4線を有する高架駅。山陰本線(因美線からの直通列車を除く)は、早朝の普通列車を除く全ての列車が当駅止まり(または折り返し)であり、特急「スーパーまつかぜ(益田・米子行き)」「スーパーおき(新山口行き)」「はまかぜ(大阪行き)」が当駅始発として運行されている。因美線は、京都・大阪方面から乗り入れる特急「スーパーはくと」が当駅を経由して倉吉駅まで乗り入れている。

駅ビル西側の高架下(駅ナカ)には商業施設「シャミネ鳥取」が存在している。駅の北口には鳥取駅バスターミナルがあり、東京・大阪・広島行きの高速バス、鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)行きの空港リムジンバス、市内路線バスが発着している。日本最大級の砂丘として知られる「鳥取砂丘」は、当駅を発着するバスにてアクセス可能であり、当駅〜鳥取砂丘間の所要時間はおおよそ20分程である。

県の代表駅ではあるが、2020年現在も自動改札機は導入されていない。(隣の島根県の代表駅である松江駅は、2016年11月に自動改札機が導入されている)

JR西日本管内の中核市の中心駅で唯一自動改札機は導入されておらず、ICOCAは利用できない。飲料水用自動販売機を含めた売店では利用できる。現時点で自動改札機の導入予定はない。

Wikipedia

(鳥取駅訪問日:2018年11月)

Sponsored Link
Sponsored Link