ローカル線でのんびりと旅をしたい季節が近づき、そんなときは切符一枚で乗り放題の旅へ・・・。そこで「北海道&東日本パス」での旅はいかがだろうか? この切符は青春18きっぷと同じく、発売時期は通年ではなく、春・夏・冬の年3回と決まっており、じっくりと集中して列車に乗りたいときにお勧めである。

北海道&東日本パスの利用概要

利用可能な路線

  • 以下の路線の普通・快速列車の普通車自由席が切符の利用開始から7日間放題
    • JR北海道、東日本の全線
    • BRT(バス高速輸送システム)
    • 青い森鉄道線の全線
    • IGR銀河鉄道線の全線
    • 北越急行線の全線
  • 特急列車は原則利用不可であるが、特例として以下の場合は特急列車に乗車可能である。
    • 北海道新幹線「新青森~新函館北斗」間
      北海道&東日本パス北海道線特急オプション券と併用すれば、
       区間内のみ普通車の立席(空き席)に乗車可能
    • 北海道内の在来線の特急列車
      北海道&東日本パス北海道線特急オプション券と併用すれば、
       自由席のみ乗車可能
    • JR石勝線の特急列車「新夕張~新得」間
      →区間内のみ、特急券なしで乗車可能
    • JR奥羽本線の特急列車「青森~新青森」間
      →区間内のみ、特急券なしで乗車可能
北海道&東日本パス フリーエリア

販売要綱

  • 価格
    おとな:11,330円、こども:5,660円

  • 有効期間
    連続する7日間
    *任意の7日間でなく、連続する7日間である点に注意(利用開始日は購入時に指定する)

  • 利用期間・発売期間
発売時季発売期間利用期間
春季2021年2月20日~2021年4月16日2021年3月1日~2021年4月22日
夏季2021年6月20日~2021年9月24日2021年7月1日~2021年9月30日
冬季2021年12月1日~2022年1月4日2021年12月10日~2022年1月10日

北海道&東日本パス北海道線特急オプション券について

前述の通り、「北海道&東日本パス」と「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」を併用することで、北海道新幹線「新青森~新函館北斗」間の普通車の立席(空き席)と、北海道内の在来線特急列車の自由席の乗車可能となる。

本特急オプション券の価格は、おとな:6,110円、こども:3,050円。「北海道&東日本パス」と同期間で発売しているが、8月1日〜19日、12月28日〜1月6日は本特急オプション券は利用できないので注意が必要である。

北海道新幹線 E5系
北海道の在来線特急(写真は特急北斗)

青春18きっぷとの違い

北海道&東日本パスと特徴が似ている「青春18きっぷ」が存在する。乗り放題という点は同じであるが、利用可能路線、有効期間、販売価格などが異なる。

性質が似ている両きっぷの特徴を比較してみよう。

比較項目北海道&東日本パス青春18きっぷ
利用可能路線JR北海道・東日本の全線+α(※1)全国のJR線
有効期間連続した7日間任意の5日間
1日あたりの価格(※2)1,618円2,410円
1枚あたりの利用可能人数1人のみ1人または複数人(※3)

(※1)青い森鉄道線全線、IGR銀河鉄道線全線、北越急行線全線も利用可能
(※2)販売価格をそれぞれの有効期間で割った価格
(※3)5人で1日、2人で2日間+1人で1日間、など

北海道&東日本パスでどの程度周れるか?

北海道&東日本パスを使って、7日間でどの程度乗り周ることができるだろうか? 東京出発で、最終日の7日目は館山(千葉県)到着の行程を考えてみた。(最新のダイヤでは時刻が異なる場合あり

  • 1日目 東京 07:07発 → 新青森(青森県) 22:24着
    ※経由:京浜東北線、宇都宮線、東北本線、IGRいわて銀河鉄道線、青い森鉄道線、奥羽本線
  • 2日目 新青森(青森県) 9:04発 → 旭川(北海道)  15:25着
    ※経由:北海道新幹線、特急北斗、特急カムイ(特急オプション券使用)
  • 3日目 旭川(北海道)  9:19発 → 知床斜里(北海道)  17:08着
    ※経由:石北本線、釧網本線
  • 4日目 知床斜里(北海道)  07:26発 → 新青森(青森県)  19:42着
    ※経由:釧網本線、特急おおぞら、特急カムイ、北海道新幹線(特急オプション券使用)
  • 5日目 新青森(青森県) 07:09発 → 十日町(新潟県) 21:36着
    ※経由:奥羽本線、羽越本線、信越本線、上越線、北陸急行ほくほく線
  • 6日目 十日町(新潟県) 11:52発 → 甲府(山梨県) 18:52着
    ※経由:飯山線、篠ノ井線、中央本線
  • 7日目 甲府(山梨県) 07:46発 → 館山(千葉県) 13:36
    ※経由:中央本線、中央線快速、総武線快速、内房線

この行程の場合、北海道&東日本パスを使わない場合の運賃(特急料金を含む)の合計は約7万6千円となる。切符の価格の元は十分すぎるほど取れているが、朝から夜までほぼ電車に乗りっぱなし日もあるので、熟練した乗り鉄でないと少々厳しい工程かもしれない。

実際にはここまで詰め込まなくても、切符の価格の元が取れれば、あとはゆったりとした行程を組むのがよいのではないだろうか。場合によっては、特例以外の新幹線や特急列車で先の駅へ「ワープ」してもよいと思う。

「北海道&東日本パス」で、無理のない楽しい旅を!