トラベラークリエイションズ

鉄道旅の軌跡を発信するサイト

「訪問駅一覧」の記事一覧

【高崎駅】上越・北陸新幹線が分岐する群馬県内一のターミナル駅

群馬県中南部に位置する高崎市にある県内最大のターミナル駅。群馬県の県庁所在地である前橋市の前橋駅(または上毛電気鉄道の中央前橋駅)よりも利用者数が多く、実質当駅が群馬県の代表駅という位置付けとなっている。新幹線、在来線各線、上信電鉄上信線が乗り入れている。新幹線は、上越新幹線(新潟方面)と北陸新幹線(長野・金沢方面)の分岐駅となっている。在来線は、東海道線(湘南新宿ラインまたは上野東京ラインと直通)を含めると、合計で9路線が乗り入れていることになる。

【赤城駅】群馬県東部に位置する東武桐生線・特急りょうもう号の終着駅

群馬県東部に位置するみどり市の駅。東武鉄道桐生線と上毛電気鉄道上毛線の接続駅であり、東武桐生線は当駅が終点となっている。東武鉄道、上毛電気鉄道、それぞれ1面2線を有する計2面4線の地上駅であり、東武鉄道は頭端式ホームとなっている。駅舎とホームは構内踏切によって連絡している。

【春日部駅】東武鉄道の伊勢崎線と野田線の接続駅

埼玉県春日部市にある東武鉄道の駅。伊勢崎線(東武スカイツリーライン)と野田線(東武アーバンパークライン)が乗り入れており、埼玉県東部に位置する東武鉄道の拠点駅のひとつである。駅構造は3面5線の地上駅であり、伊勢崎線は東寄りの単式ホーム(1番線)と島式ホーム1面(3・4番線)を使用し、野田線は西寄りの島式ホーム1面(7・8番線) を使用する。(2・5・6番線の乗り場は存在しない)

【長岡駅】上越新幹線が乗り入れる長岡市のターミナル駅

新潟県中央部(中越地方)に位置する長岡市の中心駅であり、上越新幹線と信越本線が乗り入れている。上越線の路線上の終点は一つ隣の宮内駅だが、上越線の全ての普通列車が当駅まで直通運転を行なっている。駅ビル(CoCoLo長岡)が併設された橋上駅舎を有し、在来線は地平ホーム、新幹線は高架ホームを使用する。出口は、駅西側の大手口(中央口、北口)と東口にあり、駅舎東西を横断する自由通路が設けられている。

【八戸駅】新幹線が停車する青森県南東部の拠点駅

青森県南東部の八戸市にある拠点駅で、東北新幹線(北海道新幹線直通含む)、八戸線、青い森鉄道線が乗り入れている。八戸線は当駅と起点としている。2002年12月、東北新幹線の盛岡以北の延伸に伴い、新幹線の停車駅となった。東北本線は、盛岡以北が第三セクター鉄道(IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道)に移管されたため、現在当駅に乗り入れている在来線および第三セクター鉄道路線は、JR八戸線と青い森鉄道線のみとなっている。

【盛岡駅】東北・秋田新幹線の分岐かつ東北本線の終着駅

岩手県盛岡市にある同県の中心駅であり、東北新幹線(北海道新幹線直通含む)と秋田新幹線、東北本線、田沢湖線、山田線、IGRいわて銀河鉄道線が乗り入れている。新幹線の全営業列車が当駅に停車し、当駅から東北・北海道新幹線と秋田新幹線が分岐するため、在来線と共に運行上の要となる駅である。

【深谷駅】東京駅をモチーフにした赤レンガ駅舎が特徴的な駅

埼玉県北西部に位置する深谷市にある駅で、高崎線が乗り入れている。「関東の駅百選」に選定されており、東京駅をイメージした赤レンガ調の駅舎が特徴的である。(実際に東京駅の丸の内駅舎は深谷市の赤レンガが用いられている) 駅構造は、橋上駅舎を有する2面3線(単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線)の地上駅で、単式ホームの1番線が上り方面の列車が発着するホームとなっている。

【長野駅】北陸新幹線が乗り入れる長野県の代表駅

長野県長野市の中心駅で、北陸新幹線、信越本線、しなの鉄道北しなの線、長野電鉄長野線が乗り入れている。北陸新幹線は「かがやき」「はくたか」の全列車が停車するほか、「あさま」の始発着駅となっており、甲信越地方の新幹線駅では上越新幹線の新潟駅に次ぐ乗車人員である(2021年度調べ)。

【松本駅】新宿・名古屋・長野の各方面を特急列車で結ぶ長野県中部の拠点駅

長野県松本市の中心駅で、JR篠ノ井線と大糸線、アルピコ交通上高地線が乗り入れている。大糸線と上高地線は当駅を起点としている。篠ノ井線の区間(篠ノ井〜塩尻)に含まれており、正式には中央本線の駅ではないが、当駅における旅客向けの案内では、上諏訪・新宿方面の列車を「中央東線」、木曽福島・名古屋方面の列車を「中央西線」と表記している。