三ノ宮駅(兵庫県)

駅名

三ノ宮(さんのみや/Sannomiya)
神戸三宮(こうべさんのみや/Kobe-sannomiya)
三宮(さんのみや/Sannomiya)

乗り入れ路線

JR西日本  :JR神戸線(東海道本線)
阪神電気鉄道 :本線(神戸三宮駅)
阪急電鉄   :神戸本線、高速神戸線(神戸三宮駅)
神戸新交通  :ポートアイランド線(三宮駅)
神戸市営地下鉄:西神・山手線(三宮駅)

駅詳細

三ノ宮駅 駅前
三ノ宮駅 駅前

兵庫県神戸市の中心市街地「三宮」にある駅で、JR神戸線(東海道本線)、阪神電気鉄道と阪急電鉄(神戸三宮駅)、神戸新交通と神戸市営地下鉄(三宮駅)が乗り入れている。

JR西日本の兵庫県内の駅としては、最大の利用者数を誇り(2020年度調べ)を、JR、阪神・阪急等の私鉄各線が行き交う県内最大のターミナル駅として機能している。

当駅から北寄り約1kmの位置に山陽新幹線の新神戸駅があり、当駅とは神戸市営地下鉄西神・山手線で連絡している。(新神戸駅とは徒歩圏内であり、徒歩の場合の所要時間は約20分程である)

駅名について

JRの駅名「三宮」にはが含まれているが、JR以外の会社線の駅名は、「神戸三宮」「三宮」といったようにが含まれていない。(地名である「三宮」も同様) そのため、の有り無しによって、JRの駅と他交通機関の駅との区別化がされている形となっている。

また、阪神電気鉄道と阪急電鉄の駅名「神戸三宮」は、以前は「三宮」であったが、2013年12月に阪急電鉄が、2014年4月に阪神電気鉄道が現在の「神戸三宮」へと改称している。

三ノ宮駅(JR西日本)

JRは、島式ホーム2面4線の高架駅。乗り入れている路線は正式には東海道本線であるが、旅客案内上は愛称の「JR神戸線」が用いられている。方向別複々線の区間であり、内側の2・3番線のりばには普通・快速が、外側の1・4番線のりばには特急・新快速(一部快速)が発着する。特急を含む全ての列車が当駅に停車するが、寝台特急サンライズ瀬戸・サンライズ出雲の下り列車のみ通過する(当駅通過時刻は早朝5時前)。

改札口は、中央口改札・東口改札・西口改札の3箇所設置されている。西口改札は改札外の西口コンコースを通じて阪急の神戸三宮駅東口改札と直結している。阪急の神戸三宮駅はJRのプラットフォームの西寄りに位置しており、同じ高架線かつJRの真横を走る阪急線が、JRのりばの目の前を通り過ぎる光景を見ることができる。

山陽新幹線の新神戸駅には在来線が乗り入れていないため、神戸市内発着の乗車券に限り、JR神戸線の三ノ宮駅(当駅)・元町駅・神戸駅・新長田駅での途中下車が特例として認められている。(*乗り継ぎに利用した地下鉄やバスなどの運賃は別途必要)

JR三ノ宮駅①(のりば)
JR三ノ宮駅①(のりば)
JR三ノ宮駅②(駅名標)
JR三ノ宮駅②(駅名標)
JR三ノ宮駅③(中央口側)
JR三ノ宮駅③(中央口側)
JR三ノ宮駅④(中央口改札)
JR三ノ宮駅④(中央口改札)

神戸三宮駅(阪神電気鉄道、阪急電鉄)

阪神電気鉄道は島式ホーム2面3線の地下駅。外側の2線(1・3番線)が本線、中側の2番線は頭端式ホームとなっており、元町駅寄りに車止めが敷かれている。そのため、2番線は大阪梅田方面への降り返し専用ホームとなっている。JR三ノ宮駅の南寄り(海側)にある「神戸阪急」の地下と連絡しており、地下1階が改札階、地下2階がのりばとなっている。

当駅所属の路線は阪神本線であるが、上り方面は阪神なんば線と近鉄線の近鉄奈良、下り方面は高速神戸線と山陽電鉄本線の山陽姫路に直通する列車が乗り入れている。

神戸阪急
神戸阪急
阪神電車 神戸三宮駅 改札口(東口)
阪神電車 神戸三宮駅 改札口(東口)

阪急電鉄は、島式ホーム2面3線の高架駅。外側1番線が下りホーム、4番線が上りホームであり、中側の線(2番線・3番線共有)を当駅止まりまたは折り返し列車が主に使用する。

当駅に乗り入れている阪急神戸本線と高速神戸線の路線上の境界駅であり、大阪梅田方面から大半の列車は当駅で折り返しとなる。両線は相互直通運転を行なっており、大阪梅田〜新開地の直通列車が設定されている。また、神戸高速線を経由して山陽電鉄本線の山陽姫路に直通する当駅始発列車も設定されている。

阪急電鉄 神戸三宮駅 西口コンコース
阪急電鉄 神戸三宮駅 西口コンコース
阪急電鉄 神戸三宮駅 のりば
阪急電鉄 神戸三宮駅 のりば

三宮駅(神戸新交通、神戸市営地下鉄)

神戸新交通は、島式ホーム1面2線の高架駅。起点駅である当駅と神戸空港を結ぶポートアイランド線(ポートライナー)が乗り入れている。当駅を出るとすぐに急カーブに差し掛かり、海側(神戸空港方面)に向かって高架線が伸びる。

のりばが3階(改札口は2階)にあり、JRのプラットフォームよりも1階層高い場所に位置している。JRの駅と隣接しており、JRの東口とは駅構内の階段・エスカレーターで連絡している。

神戸新交通 三宮駅 改札口
神戸新交通 三宮駅 改札口

神戸市営地下鉄は、単式ホーム1面1線上下2層構造の地下駅であり、1番線ホーム(新神戸・谷上方面)の下に2番線ホーム(西神中央方面行き)が設置されている。西神・山手線が乗り入れており、山陽新幹線の新神戸駅と連絡している(当駅から一駅)。

地下鉄海岸線「三宮・花時計前駅」とは三宮地下街(さんちか)と直結しており、西神・山手線の改札(改札外乗り換え)から徒歩10分程のアクセスである。

神戸市営地下鉄 三宮駅 改札口
神戸市営地下鉄 三宮駅 改札口

(三ノ宮駅訪問日:2022年8月)