< 一覧に戻る

安房鴨川駅(千葉県)

駅名

安房鴨川駅(あわかもがわえき)

乗り入れ路線

JR東日本:内房線、外房線

駅概要

千葉県南東部に位置する鴨川市の中心駅で、内房線と外房線が乗り入れている。両線とも当駅を終点としており、当駅を発車する全ての列車が上り列車となる。

駅構造は、単式ホーム1面1線(1番線)、島式ホーム1面2線(2・3番線)の計2面3線の地上駅。1番線側に駅舎と改札口を有し、両ホームは跨線橋で連絡している。

内房線は、当駅と館山の区画は普通列車のみの運行となる。大半は館山行きだが、一部千葉行きの列車も設定されている。外房線は、普通列車の他に全区間で特急列車が運行されており、京葉線を経由して東京駅まで直通する「わかしお」、総武線を経由して新宿駅まで直通する「新宿わかしお(土日祝日のみ)」が運行されている。定期運行においては両線を直通する列車は設定されておらず、全列車が当駅で折り返し運転を行っている。

駅舎は東口側(海側)に位置しており、駅前からは市内の路線バスが運行されている。西口とは改札外の自由通路で連絡しており、西口のロータリーからは東京駅や千葉駅と結ぶ高速バスが運行されている。また、西口方面にはイオン(フローレ鴨川ショッピングセンター)が立地している。

(安房鴨川駅訪問日:2020年8月)

Sponsored Link
Sponsored Link