< 一覧に戻る

松戸駅(千葉県)

駅名

松戸駅(まつどえき)

乗り入れ路線

JR東日本:常磐線(快速、各駅停車)
新京成電鉄:新京成線

駅概要

千葉県北西部に位置する松戸市の中心駅で、JR常磐線と新京成線が乗り入れる。JR常磐線は快速と各駅停車の停車駅であり、新京成線は始発着駅(起点)となっている。

島式ホーム4面8線の橋上駅舎を有する地上駅で、内3面6線(※1〜6番線)をJR常磐線が、1面2線(7、8番線)を新京成線が使用する。JRと新京成の改札はそれぞれ別であり、両社の間に設置されている連絡改札口を利用して乗り換えが可能である。

松戸駅 駅舎(西口側)

※当駅は快速線と緩行線の線路別複々線(系統別複々線)の区間内であり、1〜3番線が快速線、4〜6番線が緩行線(各駅停車)用のホームとなっている。また、3・4番線は快速・各駅停車の共同ホームであるが、それぞれ方向は別である(快速は上り方面・各駅停車は下り方面)。総武線の津田沼駅も当駅と似た構造をしている。

松戸駅 JR駅名標

JR常磐線は、快速・各駅停車共に当駅始発・終点の列車が何本か設定されている。快速は「特別快速」は停車するが、定期運行の特急列車は通過する(臨時特急「踊り子」は停車する)。

新京成線は、前述の通り当駅が起点であるため、全ての列車が当駅始発である。大半の列車が終点の京成津田沼まで運行しているが、日中のみ京成千葉線の千葉中央まで直通運転が行われている。

西口側には駅ビル商業施設「アトレ松戸」があり、アトレの3階には駅と直結する改札口が2箇所(駅ビル北口、駅ビル西口)設置されている。

松戸駅 常磐線ホーム
松戸駅に停車中の新京成線

(松戸駅訪問日:2020年12月)