< 一覧に戻る

金町駅(東京都)

駅名

金町駅(かなまちえき)

乗り入れ路線

JR東日本:常磐線(各駅停車)
京成電鉄:金町線(京成金町駅)

駅概要

東京都葛飾区にあるJR常磐線の駅で、緩行線を走る各駅停車が停車する。当駅が常磐線の東京都内の最東端の駅である(江戸川を越えた先は千葉県松戸市)。南口側には京成電鉄金町線の京成金町駅があり、乗り換えが可能である。

当駅の所属路線として、JR総武線の新小岩駅と当駅を結ぶ貨物支線「新金線」も含まれている。(貨物線のため、旅客用のホームは存在しない)

JR金町駅 南口側
金町駅を発着する常磐線各駅停車

JR常磐線は1面2線の高架駅で、コンコースは北口と南口を結ぶ連絡通路となっている。

当駅から快速線の上野・日暮里方面の列車に乗り換える場合、2番線(上り方面)の列車に乗車し、北千住駅まで行く必要があるが、常磐線各駅停車の路線としての起点は綾瀬駅であるため、綾瀬〜北千住間の所属路線は東京メトロ千代田線となる。そのため、北千住駅での快速線への乗り換えは東京メトロ千代田線の地下ホームからJRの地上ホームへの乗り換えとなるが、特例として綾瀬〜北千住間を含めた全区間をJRの区間と見なして運賃計算が行われる。

前述の通り、JR駅の南口側には京成電鉄の京成金町駅があり、JR常磐線と京成金町線の相互乗り換えが可能である。京成金町駅の駅構造は1面1線の地上駅で、金町線の終点である。

JR金町駅 駅名標

京成電鉄金町線 京成金町駅

(金町駅訪問日:2020年12月)