< 一覧に戻る

京成上野駅(東京都)の概要

駅名

京成上野駅(けいせいうえのえき)

乗り入れ路線

京成電鉄:京成本線

駅概要

京成上野駅 正面口

東京都台東区にある京成電鉄本線の起点駅であり、上野恩賜公園南端の地下に位置している。JR・東京メトロの上野駅は徒歩で乗り換え可能な場所にある。

京成電鉄における日暮里駅と並ぶ都心側のターミナル駅であり、上野恩賜公園や繁華街などの観光客で賑わうが、JR(山手線・京浜東北線・常磐線)との乗り換えの利便性は隣の日暮里駅の方が良く、利用者数も日暮里駅が上回っている。

駅構造は、島式ホーム2面4線の地下駅。京成本線の駅であるが、成田スカイアクセス線経由で運行しているスカイライナーとアクセス特急が発着する。(前者は有料特急列車、後者は特急料金不要の通勤型列車である)
スカイライナーは当駅と空港第2ビル・成田空港駅を約40分程で結んでいる。

スカイライナー以外の有料特急列車であるモーニングライナー(当駅終着)とイブニングライナー(当駅始発)は全線京成本線経由で主に通勤時間帯に運行している。

都営地下鉄浅草線と京浜急行線に直通する列車は当駅からは発着しておらず、当駅から京成本線を経由する場合は青砥駅での乗り換えが必要となる。

京成上野駅 地下ホーム

上野駅、上野広小路駅と上野御徒町駅とは地下通路で接続しており、地下での乗り換えが可能になっている。(後者の2駅については、同一駅としての扱いにはなっていない)

改札口付近
きっぷ・ライナー券売り場付近

かつて、当駅〜日暮里駅間には博物館動物園駅という4両編成の普通列車しか停車しない駅が存在していたが、利用客の減少や老朽化に伴い、1997年に営業休止となった。2021年現在も「旧・博物館動物園駅」の駅舎は残されており、2018年には鉄道施設としては初めて「東京都選定歴史的建造物」に選定された。

(京成上野駅訪問日:2021年4月)