トラベラークリエイションズ

鉄道旅の軌跡を発信するサイト

「訪問駅一覧」の記事一覧

新木場駅(東京都)

東京都江東区新木場にある駅。JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線が乗り入れており、有楽町線とりんかい線の始発着駅となっている。(有楽町線は当駅を終点、りんかい線は当駅を起点としている) 3社とも島式ホーム1面2線を有する高架駅。ホームと改札口は会社毎に分かれており、JR京葉線ホームは4階に、有楽町線とりんかい線のホームは2階にある。改札階は3社とも同一階の3階にある。

鳥取駅(鳥取県)

鳥取県の県庁所在地である鳥取市の中心駅。JR山陰本線、因美線の他、若桜鉄道若桜線、智頭急行智頭線も因美線を経由して当駅まで乗り入れている。 特急列車は、特急「スーパーまつかぜ(益田・米子行き)」「スーパーおき(新山口行き)」「はまかぜ(大阪行き)」が当駅始発として運行されており、京都・大阪方面から乗り入れる特急「スーパーはくと」が当駅を経由して倉吉駅まで乗り入れている。

館山駅(千葉県)

千葉県南部に位置する館山市の中心駅で、JR内房線が乗り入れている。南国の雰囲気を感じさせるレトロな駅舎が特徴的であり、「関東の駅百選」に選定されている。 橋上駅舎を有する、単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線の地上駅。東口と西口は、駅舎2階の東西の自由通路により連絡している。また、東側の通路には市民ギャラリーがあり、絵画などの作品が展示されている。

安房鴨川駅(千葉県)

千葉県南東部に位置する鴨川市の中心駅で、内房線と外房線が乗り入れている。両線とも当駅を終点としており、当駅を発車する全ての列車が上り列車となる。内房線は、当駅と館山の区画は普通列車のみの運行となる。大半は館山行きだが、一部千葉行きの列車も設定されている。外房線は、普通列車の他に全区間で特急列車(わかしお、新宿わかしお)が運行されている。

船橋駅(千葉県)

千葉県船橋市にあるJR東日本と東武鉄道の駅で、日本の中核市で最も人口が多い船橋市の中心駅である。京成電鉄の京成船橋駅とは近接しており(南口側)、乗換駅となっている。 2018年度の1日平均乗車人員は、千葉県内のJR東日本管轄の駅では隣の西船橋駅に次ぐ第2位である。東武野田線(東武アーバンパークライン)の駅では柏駅、大宮駅に次いで多い。

勝田台駅/東葉勝田台駅(千葉県)

千葉県八千代市にある駅で、八千代市と佐倉市の市境に位置する。元々は京成本線の単独駅であったが、1996年に東葉高速線(東葉勝田台駅)が開業し、両路線の接続駅となっている。京成本線(京成上野〜成田空港)の駅の中でも比較的新しい駅であり、当駅より後に開業した駅は、ユーカリが丘駅−空港第2ビル駅、成田空港駅、公津の杜駅(開業順)の4駅である。

中野駅(東京都)

東京都中野区にある駅。JR中央線快速電車、中央・総武線各駅停車、東京メトロ東西線が乗り入れている。 島式ホーム4面8線の高架駅であり、JRと東京メトロがのりばと改札口を共有している。東京メトロ東西線は中央線(各駅停車)と相互直通運転を行っており、緩行線を経由して三鷹駅まで乗り入れている。 中央線快速電車は、当駅以西は各駅に停車し(平日のみ)、当駅〜三鷹駅間は、緩行線を走る中央・総武線各駅停車と停車駅が同じになる。

御茶ノ水駅(東京都)

東京都千代田区と文京区にある駅で、JR中央線快速電車、中央・総武線各駅停車、東京メトロ丸ノ内線が乗り入れている。神田川より北側(文京区)に東京メトロ、南側(千代田区)にJRの駅がある。 JRは、島式ホーム2面4線の地上駅。方向別複々線になっており、1・4番線(外側の2線)を中央線快速電車が、2・3番線(内側の2線)を中央・総武線各駅停車が使用する。

亀戸駅(東京都)

東京都江東区にある駅で、JR中央・総武線各駅停車(緩行線)、東武鉄道の亀戸線の2路線が乗り入れている(接続駅)。 JRは島式ホーム1面2線の高架駅であり、緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが当駅に停車する。 東武亀戸線は、島式ホーム(頭端式)1面2線の地上駅で、亀戸線は当駅が終点である。

豊川駅(愛知県)

愛知県豊川市にあるJR飯田線の駅であり、日本三大稲荷のひとつして知られる「豊川稲荷」の最寄駅である。名古屋鉄道「豊川稲荷駅」と隣接している。 橋上駅舎を有する、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線の地上駅。飯田線の主要駅のひとつであり、特急「伊那路」と快速列車(上り方面のみ運行)が停車する。