トラベラークリエイションズ

鉄道旅の軌跡を発信するサイト

「宮城県(訪問駅)」の記事一覧

仙台駅(宮城県)

宮城県仙台市にある駅で、東北新幹線(北海道・秋田新幹線直通含む)と東北本線、仙山線、仙石線、仙石東北ライン、仙台空港アクセス線、常磐線、仙台市地下鉄線が乗り入れている。東北新幹線の停車駅では東京駅・大宮駅に次ぐ1日平均乗車人員数を誇り(2020年度データ)、東北地方最大のターミナル駅としての役割を担っている。

小牛田駅(宮城県)

宮城県遠田郡美里町にある駅。東北本線、陸羽東線、石巻線の3路線が乗り入れている。前谷地駅を起点とする気仙沼線の一部列車も、石巻線を経由して当駅を発着する。 仙台駅と一ノ関駅の大凡中間に位置しており(やや仙台寄り)、各路線の要所として機能している。東北新幹線とは、当駅から陸羽東線で3駅目の古川駅で接続している。

女川駅(宮城県)

宮城県牡鹿郡女川町にある石巻線の駅で、同線の終着駅である。 2011年3月に発生した東日本大震災の津波の影響により駅舎が流出し、石巻線が一部不通となり代行バスが運行されていたが、2015年3月に現在の駅舎が完成し(震災前より約200メートル内陸側に移設)、震災発生から4年の月日を経て全線が復旧した。現在の駅構造は、単式ホーム1面1線の地上駅である。

高城町駅(宮城県)

宮城県宮城郡松島町にある駅。仙石線と仙石東北ラインの分岐点になっており、仙台方面への仙石東北ラインは、当駅から先は東北本線に乗り入れる。仙台方面からの仙石線の約半数の列車は、当駅で折り返し運転を行う。東日本大震災の影響により、2015年5月29日まで当駅〜陸前小野駅間は運転を見合わせ、仙台方面からの全列車は、当駅で折り返し運転が行なわれていた。

石巻駅(宮城県)

宮城県石巻市に位置する駅。仙台・あおば通駅を起点とする仙石線は、当駅が終点となる。東北本線・仙石線を経由する「仙石東北ライン」の一部列車は女川駅まで乗り入れ、小牛田駅を起点する石巻線も、当駅を経由し終点の女川駅まで乗り入れる。駅構造は、2面5線の地上駅。駅舎に面する単式ホームの西側は切り欠きホームとなっており、当駅折り返しの仙石線専用のホームとなっている。女川駅発着の列車は、石巻線ホームを使用する。

松島海岸駅(宮城県)

宮城県宮城郡松島町にあるJR仙石線の駅。日本三景の一つとして有名な観光地・松島への玄関口であり、東北の駅百選にも選定されている。島式ホーム1面2線の高架駅であり、駅のホームからは松島湾を見ることができる。仙台駅から当駅へのアクセスは普通列車で約40分程である。