< 一覧に戻る

豊橋駅(愛知県)

駅名

豊橋駅(とよはしえき)

乗り入れ路線

東海道新幹線、JR東海道本線、JR飯田線、名鉄名古屋本線

駅概要

愛知県豊橋市にある駅。東海道新幹線のほか、東海道本線、飯田線、名鉄名古屋本線が乗り入れており、同県の南東部「東三河地方」の交通拠点となっている。

新幹線、在来線、名鉄線の乗り場は全てに地上にあり、橋上の駅舎を有する。東海道新幹線(山陽新幹線含む)の乗り場が地上にあるのは当駅と、品川駅、米原駅の3駅のみである。

新幹線は、一部の「ひかり」が停車し、「のぞみ」は全列車が通過する。当駅に停車する「ひかり」は2時間毎に1本、「こだま」は毎時2本運行されている。

東海道本線は、大半の列車が当駅を始発終着としており、当駅を跨いで名古屋方面または浜松方面まで行くには、当駅にて乗り換えが必要なケースが多い。飯田線は、当駅が起点であり、飯田行きの特急「(ワイドビュー)伊那路」の始発駅でもある。

名鉄線は、当駅をJRと共有しており、名鉄名古屋本線の乗り場は、JR(飯田線)と同じホームとなっている。飯田線・名鉄線のホームには、JRから名鉄線(または、その逆)の乗り換え用に、簡易改札機が設置されている。

(豊橋駅訪問日:2018年3月)

 

Sponsored Link
Sponsored Link