「週末パス」とは、フリーエリア内のJR東日本在来線と私鉄・第3セクター路線の普通列車及び快速列車の普通車自由席が、指定された土休日の2日間乗り放題となる切符である。運賃のみ有効であり、フリーエリア内の新幹線や特急列車に乗車する場合は、別途特急券の購入が必要となる。

現在の週末パスと効力の違いはあるが、前身は「ウィークエンドパス」「土・日きっぷ」という名称で販売されていた。

週末パスの利用概要

利用可能な路線

  • 有効期間中、フリーエリア内の以下路線の普通列車(快速含む)普通車自由席が乗り放題
    • ●JR東日本の在来線(酒田・湯沢・小牛田 以南)
    • ●山形鉄道線全線
    • ●阿武隈急行線全線
    • ●福島交通線全線
    • ●会津鉄道線(西若松~会津田島間)
    • ●北越急行線全線
    • ●えちごトキめき鉄道線(妙高高原~直江津間)
    • ●しなの鉄道全線
    • ●長野電鉄線全線
    • ●上田電鉄線全線
    • ●アルピコ交通線(松本電鉄線)全線
    • ●富士急行線全線
    • ●伊豆急行線全線
    • ●鹿島臨海鉄道線全線
    • ●ひたちなか海浜鉄道線全線
  • *フリーエリア内の新幹線(東海道新幹線を除く)・特急列車等を利用の際は、別途特急券が必要
週末パスのフリーエリアと利用可能な路線

販売要綱

  • 価格
    おとな:8,880円、こども:2,600円
  • 発売期間
    有効期間開始日の1カ月前から前日まで
    *当日購入は不可なので注意
  • 有効期間
    土曜・日曜、または祝日を含む連続した土休日の2日間
    *4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~1月6日の期間は利用不可

週末パスと通常運賃との比較

週末パスの「元を取る」には、どうすればよいか考えてみよう。例えば、所定区間の往復の場合、東京〜仙台の往復だけで元を取ることができ、更には新幹線も利用可能である。(週末パスは運賃のみ有効であるため、新幹線または特急列車を利用する場合は、別途特急券を購入する必要がある)

東京〜長野の往復の場合、その区間の往復だけでは週末パスの元を取ることができないが、長野周辺であれば、長野電鉄やしなの鉄道も利用できるので、JR在来線の利用と組み合わせれば、十分に元を取ることは可能かと思われる。

利用区間片道運賃往復運賃お得額(※2)
東京〜仙台6,050円12,100円▲3,220円
東京〜新庄7,150円14,300円▲5,420円
東京〜新潟5,720円11,440円▲2,560円
東京〜長野4,070円(※1)8,140円▽740円
横浜〜長野4,510円9,020円▲140円
東京(新宿)〜松本4,070円8,140円▽740円
千葉〜松本4,510円9,020円▲140円
週末パスと通常運賃の比較

※1全線北陸新幹線を利用した場合の運賃。在来線を使用する場合、横川〜軽井沢間のJRバス(碓氷線)は週末パスは利用不可なので注意

※2)所定の利用区間の往復運賃(おとな)と週末パスの価格との差額。▲価格表記が週末パスを利用した方が、通常運賃と比較して、お得となる金額

仙台駅 東北本線ホーム

新庄駅 山形線山形行き



週末パス利用のモデルコース

日本一のモグラ駅「土合」と新潟を巡る旅

  • 1日目
    ・東京→越後湯沢(上越新幹線)*特急券別途購入
    ・越後湯沢→土合(上越線)
    ・土合駅探索
    ・土合→越後湯沢(上越線)
    ・越後湯沢→新潟(上越新幹線)*特急券別途購入
  • 2日目
    ・新潟→吉田(越後線)
    ・吉田→弥彦(弥彦線)
    ・弥彦神社及び周辺散策
    ・弥彦→吉田→東三条(弥彦線)
    ・東三条→直江津(信越本線)
    ・直江津→上越妙高(妙高はねうまライン)*週末パス利用
    ・上越妙高→東京(北陸新幹線)*特急券別途購入

土休日という利用可能日が限定されてはいるが、日帰りまたは1泊2日という短期間の行程であれば、週末パスを利用する価値は十分にあると思われる。南東北、甲信越方面への旅行には是非、週末パスの利用を取り入れてみて頂きたい。