< 一覧に戻る

西船橋駅(千葉県)

駅名

西船橋駅(にしふなばしえき)

乗り入れ路線

JR東日本:中央・総武線各駅停車、武蔵野線、京葉線
東京メトロ:東西線
東葉高速鉄道:東葉高速線

駅概要

千葉県船橋市にあるJR東日本と東京メトロの駅で、中央・総武線各駅停車、武蔵野線、京葉線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道線が乗り入れる。

千葉県内随一の利用者数を誇る駅で、JR東日本における1日平均乗車人数は千葉県内の駅では船橋駅を抜き、第1位である。(2019年度調べ)

地上ホーム(1階)と高架ホーム(3階)が直角に交差している駅構造であり、改札階は2階に位置している。

西船橋駅 北口側

総武線は、緩行線を走る中央・総武各駅停車が停車し、島式2面3線(1〜4番線)の地上ホームを使用する。中側の2・3番線は線路を共有しており、主に当駅折り返しの列車が発着する。

東京メトロ東西線は島式2面4線(5〜8番線)の地上ホームを使用する。東西線は当駅が終点であるが、総武線各駅停車(津田沼方面)と東葉高速線(東葉勝田台方面)とそれぞれ相互直通運転を行っており、これらの直通列車もこの地上ホームから発着する。総武線各駅停車との直通運転は平日の朝夕ラッシュ時のみ設定されている。東葉高速線は当駅が起点であるが、全ての列車が(八千代緑が丘〜東葉勝田台間の区間運転を除く)東西線と直通運転を行っている。

中央・総武線各駅停車ホーム
東西線・東葉高速線ホーム

武蔵野線と京葉線は島式2面4線(9〜12番線)の高架ホームを使用する。武蔵野線の大半の列車が路線上の終点である当駅を介して、京葉線と直通運転(舞浜・東京方面または南船橋・海浜幕張方面)を行っている。朝夕時間帯には埼玉県の大宮駅を起点とする「しもうさ号」が運行されており(1日3往復)、最長では京葉線の海浜幕張駅まで乗り入れている。

改札口は、JRと東京メトロ・東葉高速鉄道で分離されてるが、連絡改札口を通じて乗り換えが可能である。

駅ナカには商業施設「ペリエ西船橋」があり、改札内で飲食店や書店、カフェなどを利用することができる。

武蔵野線・京葉線ホーム
2階 改札内コンコース

当駅から北に500メートル程(徒歩約8分)の位置に京成電鉄の京成西船駅があり、乗り換え駅としては案内されていない。

(西船橋駅訪問日:2021年5月)